icon_oscilloppoi_128.pngオシロっぽい - ウィンドウ

English

▼操作部

操作部のユーザインタフェースは、「標準」と「スライダ」のいずれかを選べます。その設定は環境設定で行います。

「標準」インタフェース

oscilloppoi_window_controller_standard.png oscilloppoi_window_controller_standard_stop.png
  1. Operation Menu - オペレーションメニュー。
  2. oscilloppoi_menu_operation.png
    'Ch1' - チャンネル1の波形を表示。
    'Ch2' - チャンネル2の波形を表示。
    'Dual' - チャンネル1及び2の波形を表示。
    'Math: Add(Ch1+Ch2)' - チャンネル1, 2及び演算 (加算: Ch1+Ch2) の波形を表示。
    'Math: Sub(Ch1-Ch2)' - チャンネル1, 2及び演算 (減算: Ch1-Ch2) の波形を表示。
    'Math: Sub(Ch2-Ch1)' - チャンネル1, 2及び演算 (減算: Ch2-Ch1) の波形を表示。
    'X-Y (X=Ch1, Y=Ch2)' - X-Yモード (X軸はチャンネル1, Y軸はチャンネル2)。
    'X-Y (X=Ch2, Y=Ch1)' - X-Yモード (X軸はチャンネル2, Y軸はチャンネル1)。
    ※'Math'は表示波形が増えることになるので、負荷が高まる。
  1. Vertical Scale Menu (V Scale) - 波形の垂直方向の掛率。※音声入力信号の振幅は "システム環境設定 > サウンド > 入力" の入力音量の設定によっても変わるので、要確認。
  2. Vertical Position Controller (V Position) - 波形の垂直方向移動量の操作。
  1. Time Base Menu - 時間軸メニュー。1divあたりの時間を設定する。範囲は10μs〜0.5s。
  2. Horizontal Position Controller (H Position) - 波形の水平方向移動量の操作。
  1. Trigger Mode Menu - トリガモードメニュー。'Normal', 'Auto', 'Single' から選択。
  2. oscilloppoi_menu_triggermode.png
    'Normal' - ノーマルトリガ。トリガが掛かれば波形表示する。
    'Auto' - オートトリガ。トリガが掛からなくても波形を表示する。
    'Single' - シングルトリガ。トリガが掛かれば一度だけ掃引して波形表示した後、停止する。
  3. Trigger Source Menu - トリガを掛けるために用いるチャンネルを選択。
  4. Trigger Slope Menu - トリガを掛けるスロープの向きの設定。右肩上がり (+) か右肩下がり (-) かいずれか選択。
  5. Trigger Level Controller - トリガレベルの操作。波形表示部に緑色(初期値)の破線で表示。
  6. Trigger Indicater - トリガインジケータ。トリガが掛かれば、緑色LEDが点灯しているような表示をする。
  7. oscilloppoi_triggerindicator_on.png - 点灯
    oscilloppoi_triggerindicator_off.png - 消灯
  8. Holdoff Controller - トリガ禁止期間の操作。波形表示部にdiv単位で数値を表示。時間への換算は、時間軸の値との積。例) Holdoff が 1.3div, 時間軸が 1ms/div の場合、Holdoff の時間は 1ms/div x 1.3div = 1.3ms 。
  1. 'Run' Button - このボタンを押せば、動作を開始する。ボタンの表示は 'Run' から 'Stop' に変わる。
  2. 'Stop' Button - このボタンを押せば、動作を停止する。ボタンの表示は 'Stop' から 'Run' に変わる。
    ※Run/Stopボタンの代わりにスペースキーを押しても同様。

oscilloppoi_slidertype_circular.png 修飾キーを押しながら円形スライダを操作したときの動作は次のとおり。

修飾キー 動作
shift 8段階
option 10段階

「スライダ」インタフェース

oscilloppoi_window_controller_slider.png oscilloppoi_window_controller_slider_stop.png
  1. Operation Menu - オペレーションメニュー。
  2. 'Ch1' - チャンネル1の波形を表示。
    'Ch2' - チャンネル2の波形を表示。
    'Dual' - チャンネル1及び2の波形を表示。
    'Math: Add(Ch1+Ch2)' - チャンネル1, 2及び演算 (加算: Ch1+Ch2) の波形を表示。
    'Math: Sub(Ch1-Ch2)' - チャンネル1, 2及び演算 (減算: Ch1-Ch2) の波形を表示。
    'Math: Sub(Ch2-Ch1)' - チャンネル1, 2及び演算 (減算: Ch2-Ch1) の波形を表示。
    'X-Y (X=Ch1, Y=Ch2)' - X-Yモード (X軸はチャンネル1, Y軸はチャンネル2)。
    'X-Y (X=Ch2, Y=Ch1)' - X-Yモード (X軸はチャンネル2, Y軸はチャンネル1)。
    ※'Math'は表示波形が増えることになるので、負荷が高まる。
  1. Vertical Scale Slider (V Scale) - 波形の垂直方向の掛率。※音声入力信号の振幅は "システム環境設定 > サウンド > 入力" の入力音量の設定によっても変わるので、要確認。
  2. Vertical Position Controller (V Position) - 波形の垂直方向移動量の操作。
  1. Time Base Menu - 時間軸メニュー。1divあたりの時間を設定する。範囲は10μs〜0.5s。
  2. Horizontal Position Controller (H Position) - 波形の水平方向移動量の操作。
  1. Trigger Mode Menu - トリガモードメニュー。'Normal', 'Auto', 'Single' から選択。
  2. 'Normal' - ノーマルトリガ。トリガが掛かれば波形表示する。
    'Auto' - オートトリガ。トリガが掛からなくても波形を表示する。
    'Single' - シングルトリガ。トリガが掛かれば一度だけ掃引して波形表示した後、停止する。
  3. Trigger Source Menu - トリガを掛けるために用いるチャンネルを選択。
  4. Trigger Slope Menu - トリガを掛けるスロープの向きの設定。右肩上がり (+) か右肩下がり (-) かいずれか選択。
  5. Trigger Level Controller - トリガレベルの操作。波形表示部に緑色(初期値)の破線で表示。
  6. Trigger Indicater - トリガインジケータ。トリガが掛かれば、緑色LEDが点灯しているような表示をする。
  7. Holdoff Controller - トリガ禁止期間の操作。波形表示部にdiv単位で数値を表示。時間への換算は、時間軸の値との積。例) Holdoff が 1.3div, 時間軸が 1ms/div の場合、Holdoff の時間は 1ms/div x 1.3div = 1.3ms 。
  1. 'Run' Button - このボタンを押せば、動作を開始する。ボタンの表示は 'Run' から 'Stop' に変わる。
  2. 'Stop' Button - このボタンを押せば、動作を停止する。ボタンの表示は 'Stop' から 'Run' に変わる。
    ※Run/Stopボタンの代わりにスペースキーを押しても同様。

oscilloppoi_slidertype_linear.png 修飾キーを押しながら線形スライダを操作したときの動作は次のとおり。

修飾キー 動作
shift V Scale: 0.5刻み
その他: 8段階
option 10段階
option + shift 20段階
command 微調整
command + shift より細かい微調整

▼波形表示部

波形表示部の初期状態のグリッドは8x8マスだが、ウインドウのリサイズにより横方向最大40マスまで表示出来る。表示を横に伸ばせば、その分掃引時間も延びることにご注意。

oscilloppoi_window_display.png
  1. Time Base - 時間軸。
  2. Holdoff (HO) - トリガ禁止期間。
  3. Sampling Rate - サンプリングレート。
  4. Trigger Point - トリガ点。
  5. Trigger Level - トリガレベル。
  6. Channel - チャンネル。X-Yモード時は、'X-Y' と表示される。
  7. Signal Source - 信号源。内部信号の正弦波を選択時は、周波数が表示される。
  8. Waveform - 波形。
  9. Afterimage - 過去の波形を残像のように表示。古いほど、色が薄くなる。
  10. 'Running' - 動作中は 'Running...' と表示され、ドットが点滅する。